よくある御質問

氏神について

質問:わたしは練兵町に住んでいますが、氏神様は山崎菅原神社でよろしいのでしょうか?
回答:はい、練兵町は当社の氏地(氏子さんが住む区域)にあたります。当社の氏地は現在の慶徳校区にあたります。戦前は慶徳小学校の児童たちが毎月1日と15日にお参りされていたそうです。

山崎菅原神社の「山崎」の由来

質問:山崎町という町名があるのですが、山崎菅原神社とは関係があるのですか?
回答:当社は現在桜町に鎮座していますが、江戸時代は現在の鎮座地よりやや西(現在の桜橋南岸附近)に鎮座していました。西南戦争の際に社殿を焼失し、熊本鎮台の開設の際に境内地を収容され、山崎新道に遷座しました。この頃から山崎菅原神社または山崎天神と称されるようになりました。

ちなみに当時の山崎町は、北は現在の当社の鎮座地から南は白川河畔までに及んでいましたが、あまりにも広範囲で不便ということから、いくつかの町に分割されました。その時に生まれた町の一つが天神町で、当社が町名の由来となりました。残念ながら天神町の町名は区画整理により現在はなくなってしまいました。

古いお札やお守りの処分の方法

質問:古いお札やお守りを処分したいのですが、どのようにしたらよいのでしょうか?
回答:古いお札やお守りは神社にお持ちください。お祓いをした後、お焚き上げをいたします。神社によっては古いお札やお守りを納める箱があるところもありますが、当社ではそのような箱がございませんので、授与所または社務所に直接ご持参いただきますようお願いいたします。

他の神社のお札やお守りをお持ちになられても構いません。同様にお焚き上げいたします。ただし、お寺さんのお札やお守りはお持ちにならないようにしてください。宗教が違うので、お寺さんのお札やお守りをお祓いすることはできません。お近くのお寺さんにご相談ください。