ひとひらのことのは

「令和」

平成31年04月02日

昨日、新元号「令和」が公表されました。

「令和」の出典は「万葉集」巻五の「梅花の歌三十二首并せて序」の「初春の令月(れいげつ)にして、気淑く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫らす」から引用されたとのことです。

「令和」で248番目の元号になりますが日本の古典から引用されるのは初めてのことです。

出典となった序文は8世紀前半に「大宰府」で催された「梅花の宴」で詠まれた歌32首につけられたものだそうです。
当社のご祭神である菅原道真公も「大宰府」や「梅」と縁が深いことから、菅原道真公もお喜びになられているのではないでしょうか。

令和の時代も平和な時代が続くよう祈りたいものです。


   Check