ひとひらのことのは

本日は神武天皇二千六百年式年祭遥拝式を斎行いたしました。

今年の4月3日で、初代天皇であらせられる神武天皇が崩御されて2600年になることから、宮中に鎮座する皇霊殿と奈良県の畝傍山(うねびやま)にある神武天皇陵にて、神武天皇二千六百年式年祭が斎行されました。それに合わせて全国の神社でも遥拝式が斎行されました。


東日本大震災

平成28年03月11日


本日は東日本大震災の発生から5年の節目の年にあたることから、東日本大震災復興祈願祭を斎行いたしました。今回は熊本県神社庁を通して福島県産のリンゴを購入し、ご神前にお供えいたしました。

福島県産の農水産物は未だに風評被害に遭っています。熊本では福島との距離があることから、なかなか福島県産の農水産物が流通することがありませんが、こうした機会を見付けて福島の生産者の方たちの力になれればと思います。

なお、リンゴはお供えした後にいただきましたが、とても甘くて美味しいリンゴでした。

地震からちょうど1年経った時のブログに、「復興への道程はまだ道半ばです。これからも被災地や被災者に思いを寄せ、自分の出来る範囲でいいので、被災地や被災者を支えていきたいですね。」と書きましたが、それから4年経った今でも、復興は道半ばどころか未だに避難者が17万人を超えるなど、まだまだ先の見えない状況にあります。被災地以外では東日本大震災は過去のものになりつつありますが、これからも被災地や被災者に思いを寄せていきたいものだと思います。


祈年祭

平成28年02月17日

本日は祈年祭(きねんさい・としごいのまつり)をご奉仕いたしました。祈年祭とは、皇室の弥栄と国家・国民の一年の安泰を祈るお祭りです。我々の主食である米(稲)の豊穣を始め、あらゆる産業の発展、国力の充実が祈られます。神社の祭典は大祭・中祭・小祭の3つに分けられていますが、祈年祭は11月23日の新嘗祭と同様に大祭とされており、日本人と農業の深い繋がりを感じることができます。


明治祭

平成27年11月03日

本日は明治祭を斎行いたしました。本日、11月3日は文化の日ですが、昭和初期から終戦直後まで明治節と呼ばれていました。明治節とは明治天皇の誕生日に際して、その聖徳を記念するもので、昭和2年(1927)に制定されました。現在でもこの日は全国の神社で明治祭が斎行されています。

文化の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としています。明治天皇は和歌をお好みになり、崩御されるまでに9万余首の和歌をお詠みになられました。明治天皇の誕生日が戦後「文化の日」と呼ばれるようになったのも頷けます。

この日を機会に、明治という時代を振り返って先人の苦労に感謝し、先人に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。


御遷座百年祭

平成27年06月11日

本日は御遷座百年祭を斎行いたしました。100年前の大正4年6月11日に、当社は現在地にご遷座いたしました。それ以前のご鎮座地は当社から100メートルほどしか離れておりません。そのようなわずかな距離をご遷座した理由としては、県立公会堂(現在の市民会館崇城大学ホール)建設にともなう区画整理によるものも推測されています。

明治10年に西南戦争で社殿を焼失以来、わずか40年の間に3度もご遷座いたしましたが、その後は熊本大空襲や6・26水害などの災禍を乗り越え、御遷座百年祭を斎行することができました。このことを大神様に感謝申し上げ、これからも大神様のお力をいただいて、この地にて御遷座百五十年祭、御遷座二百年祭を迎えることができたらと思っております。


全 27 件中 6 〜 10 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5 ...6

« 前の5件 次の5件 »