ひとひらのことのは

祈年祭

平成27年02月17日

本日は祈年祭(きねんさい・としごいのまつり)をご奉仕いたしました。祈年祭とは、皇室の弥栄と国家・国民の一年の安泰を祈るお祭りです。我々の主食である米(稲)の豊穣を始め、あらゆる産業の発展、国力の充実が祈られます。神社の祭典は大祭・中祭・小祭の3つに分けられていますが、祈年祭は11月23日の新嘗祭と同様に大祭とされており、日本人と農業の深い繋がりを感じることができます。


三城稲荷神社初午祭

平成27年02月12日


昨日は初午ということで、各地の稲荷神社が多くの参拝者で賑わったようです。

当社の境内にも三城稲荷神社という稲荷神社がおまつりされておりますので、初午祭をご奉仕いたしました。

『神道事典』によると、二月初午を稲荷神社の縁日とする由来は、伏見稲荷大社のご祭神が稲荷山に降臨したのが和銅4年(711)2月11日(あるいは9日)で、その日が初午だったという言い伝えによるとのことですが、真偽は定かではないそうです。


天長祭

平成26年12月23日

本日、天皇陛下が81歳のお誕生日を迎えられましたことを心よりお祝い申し上げます。本日は宮中三殿では天長祭が行なわれ、宮殿において天皇陛下お誕生日祝賀の儀が行なわれます。

また、全国の神社でも天長祭として奉祝するとともに、天皇陛下のご長寿とますますのご健康をお祈りする祭りが行なわれます。当社でも天長祭を斎行いたしました。なお、天皇誕生日は明治初期から終戦直後に至るまでは天長節と呼ばれており、皇后陛下のお誕生日は地久節と呼ばれていました。

天皇陛下はわたしたちの幸せを常に願っていらっしゃいます。また、宮中では天皇陛下がお祭りをされることがしばしばありますが、その時も八百万の神や皇室のご先祖に国民の幸せや世界の平和をお祈りされています。本日は、天皇陛下がこのように国民のことを思っていらっしゃることに感謝し、天皇陛下のご健康とご長寿をお祈りしましょう。


昭和祭を斎行

平成26年04月29日

本日は昭和祭を斎行いたしました。本日「昭和の日」は昭和天皇の御生誕の日にあたり、昭和祭は「昭和の日」の制定に合わせて新たに制定された祭典です。「昭和の日」の制定の趣旨は、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」となっています。


神武天皇祭遥拝式を斎行

平成26年04月03日

本日は神武天皇祭遥拝式を斎行いたしました。本日は初代天皇であらせられる神武天皇が崩御された日にあたり、宮中に鎮座する皇霊殿と奈良県の畝傍山(うねびやま)にある神武天皇陵にて神武天皇祭が斎行されます。それに合わせて全国の神社でも遥拝式が斎行されます。


全 25 件中 11 〜 15 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5

« 前の5件 次の5件 »