ひとひらのことのは

御遷座百年祭

平成27年06月11日

本日は御遷座百年祭を斎行いたしました。100年前の大正4年6月11日に、当社は現在地にご遷座いたしました。それ以前のご鎮座地は当社から100メートルほどしか離れておりません。そのようなわずかな距離をご遷座した理由としては、県立公会堂(現在の市民会館崇城大学ホール)建設にともなう区画整理によるものも推測されています。

明治10年に西南戦争で社殿を焼失以来、わずか40年の間に3度もご遷座いたしましたが、その後は熊本大空襲や6・26水害などの災禍を乗り越え、御遷座百年祭を斎行することができました。このことを大神様に感謝申し上げ、これからも大神様のお力をいただいて、この地にて御遷座百五十年祭、御遷座二百年祭を迎えることができたらと思っております。


昭和祭

平成27年04月29日

本日は昭和祭を斎行いたしました。本日「昭和の日」は昭和天皇の御生誕の日にあたり、昭和祭は「昭和の日」の制定に合わせて新たに制定された祭典です。「昭和の日」の制定の趣旨は、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」となっています。


神武天皇祭遥拝式

平成27年04月03日

本日は神武天皇祭遥拝式を斎行いたしました。本日は初代天皇であらせられる神武天皇が崩御された日にあたり、宮中に鎮座する皇霊殿と奈良県の畝傍山(うねびやま)にある神武天皇陵にて神武天皇祭が斎行されます。それに合わせて全国の神社でも遥拝式が斎行されます。


春季皇霊祭遥拝式

平成27年03月21日

本日は春季皇霊祭遥拝式を斎行いたしました。春季皇霊祭とは、春分の日に宮中に鎮座する皇霊殿にて斎行される、皇室の祖先祭祀のことです。本日は全国の神社でも春季皇霊祭遥拝式が斎行されます。春分の日は昭和23年までは春季皇霊祭と呼ばれる祭日でした。


淡紅梅が散り始めました

平成27年03月16日



境内の淡紅梅が週末の雨で散り始めました。私たち人間は梅の花を眺めて楽しみますが、鳥たちは梅の花の蜜がお目当てのようで、連日何種類もの鳥がやってきました。


全 283 件中 16 〜 20 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7 ...57

« 前の5件 次の5件 »