ひとひらのことのは


先日植えた「命のアサガオ」の芽が出てきました。

「命のアサガオ」とは、平成5年に白血病のため7才で亡くなった丹後光祐君が、約3ヶ月間だけ通った小学校で大事に育てていた「アサガオ」です。おかあさんのまみこさんが、そのアサガオを育て続け、「アサガオが親善大使となって、命の尊さ、白血病に苦しむ人がいることを知って欲しい。」という願いを込めて、多くの小中学校などに配られており、今では全国各地で花を咲かせています。

当社の宮司が骨髄を提供した経験もあることから、当社でもこの運動に協力したいと思い、「骨髄バンク命のアサガオにいがた」より「命のアサガオ」の種を送ってもらいました。当社でも「命のアサガオ」を育て、種を採取して、初詣に来られた参拝者の皆様にお配りしております。

昨年は台風によりわずかな量しか種が採取できず、「命のアサガオ」をお配りできませんでしたので、今年は台風が来ないことを願うばかりです。


関連サイト
骨髄バンク 命のアサガオにいがた
いのちのアサガオ(「命のアサガオ」について詳しく書かれたサイト)
骨髄バンク
ドナーズネット(骨髄バンクのコミュニティサイト)


   Check