ひとひらのことのは

ここ最近、「沖縄における戦時中の集団自決に関する教科書記述問題」がよく新聞で取り上げられています。この問題に関する様々な動きを見ていると、(従軍)慰安婦問題に言及した「河野談話」を思い出します。日本軍が慰安婦の強制連行を主体的に行なっていたという証拠が見付からなかったにもかかわらず、政治的配慮のために、日本軍が強制連行を行なったことを認めたのです。この発言は今でも尾を引いており、今春にはアメリカ合衆国の下院で「慰安婦問題に関する対日非難決議案」が提出されました。

「集団自決」について教科書に書かれていることで、何を削除するのかというと、「軍が直接関与した」かどうかがはっきりしないので、その部分を削除するわけであって、「集団自決」の記述を全部削除するわけではありません。まずはこのことを踏まえておいた方がいいと思います。

次に何故、「軍が直接関与した」という部分を削除するのかというと、軍が命令したという文書が一枚も見付かってないからです。軍隊は組織であるので、文書なしに命令を出すことは考えられません。また、軍命を否定する以下のような話もあります(以前にブログに書いた文章を一部引用)

渡嘉敷島での集団自決は長らく軍命令によるとされてきたのですが、実は軍命令なるものは存在しなかったということを、当時の琉球政府職員の方が証言したのです。

本来は自決の場合は弔慰金や遺族年金は受け取れないのですが、当時島にいた赤松元大尉に軍命令だったということにしてくれと依頼し、赤松元大尉もそれに同意したそうです。赤松元大尉は戦後苦しい思いをしていた島民たちに同情し、自らが汚名を着ることにしたのです。

戦後、赤松元大尉は残虐な司令官とレッテルを張られ、大江健三郎氏の本やマスコミにより、名指しで非難されたりもしました。ですが、赤松元大尉は死ぬまでこのことを黙っていたそうです。」


つまり、住民のことを思って、赤松元大尉は軍命があったと嘘をついたわけです。このように、軍命があったとするはっきりとした証拠がないことや、軍命を否定する証言が出て来ている以上、「軍の直接的関与があった」とは教科書には書けません。軍命があったという可能性もあるので、もちろん「軍の直接的関与がなかった」とも書けないわけです。

「集団自決に関する教科書記述問題」で何が問題かというと、否定する意見が言えない状況に陥っていることです。沖縄の方でも「集団自決の命令なんて聞いたことがない」という発言をされている方(注)もいるようですが、その人たちの声がマスメディアに載ることはありません。こういう発言をさせない空気が、沖縄には流れているのだと思います。これでは沖縄の人たちが忌み嫌っているであろう、戦時中の状況と変わりがありません。

集団自決に追い込まれたり、集団自決の現場で肉親に手を掛けざるを得なかった沖縄の人たちには同情を禁じ得ません。ですが、このことと教科書の記述を削除するかしないかは全く別の問題です。これで教科書の記述が修正されれば、悪しき先例を残すことになります。歴史とはあくまでも資料を丹念に検証していき記されていくものです。感情に流されたり、政治的配慮に動かされたりしてはいけません。


注:発言については以下の「沖縄集団自決冤罪訴訟」のブログをご参照ください。
http://blog.zaq.ne.jp/osjes/article/34/


   Check