ひとひらのことのは

ここ最近、米の偽装問題がマスメディアで取り上げられています。みなさんもご存じだとは思いますが、本当に腹立たしい話です。

米は日本人と関わりの深い食べ物で、神社のお供え物でも一番上位に来るものが米で、その次に米から作られている餅や酒をお供えします。それだけ米が大切なものと考えられていた証拠でしょう。稲は他の穀物に比べて栄養価が高いので、より多くの人口を養うことができると言われています。日本がここまで発展した一つの要因はお米なのです。

そのような大事なお米に、カビが生えた米や農薬が残留した米を入れるとは日本人の風上にも置けません。お金のためなら何をやってもいいという最近の風潮がよく表われています。「恥を知れ!」と強く言いたいです。おいしいお米を消費者に届けることが彼らの使命です。それを食べる消費者のことを考えていたら、汚染米を混入しようとは思わないはずです。

後ろめたいことをしてお金儲けをしても、いつか罰が当たります。これはどのような仕事にも当てはまることです。正々堂々誇りを持って仕事をしたいものですね。


   Check