ひとひらのことのは

竹島の日

平成21年02月22日

今日、2月22日は竹島の日です。竹島のことをご存じない方もいらっしゃると思うので、外務省のホームページやウィキペディアを参考に、簡単にご説明いたします。

竹島とは、隠岐諸島の北西約157キロメートル、北緯37度14分、東経131度52分の日本海上に位置する群島です。島根県隠岐の島町に属します。東島(女島)、西島(男島)の2つの小島とその周辺の数十の岩礁からなり、総面積は約0.21平方キロメートル(日比谷公園とほぼ同面積)です。

竹島は我が国固有の領土ですが、昭和27年に、当時の大韓民国大統領であった李承晩が、自国の支配下にあると一方的に宣言し、現在も韓国側が武力による占有をしています。韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠なのです。韓国による武装占拠が行なわれる過程で、日本の漁民が韓国側に銃撃を受け、死傷者が出たり、韓国側が日本の海上保安庁の巡視船に発砲したりしています。


このように我が国の領土が不法に占拠されているわけですから、竹島を日本の手に取り戻す必要があるのです。

中には、「竹島なんて韓国に譲渡すればいいじゃないか」と主張する人もいますが、とんでもない話です。国際社会は想像以上の厳しい世界です。そのようなことをすれば、他の国が同じこと(不法占拠)をしてくるでしょう。そして、時間の経過を待ち、自国の領土に編入することでしょう。近隣諸国と仲良くすることは必要ですが、主張すべきことは主張しなくてはなりません。そうしないと、相手に付け込まれるばかりです。日本は国際司法裁判所に竹島問題を訴えましたが、韓国側は現在に至るまでそれに応じていません。韓国の「独島(ドクト・竹島の韓国名)は我が国の領土」という主張が正しいのであれば、裁判に応じるべきです。

かつて竹島周辺で漁をしていた漁師たちは、今は竹島に近寄ることができません。同じ領土問題に北方領土がありますが、かつて北方領土に住んでいた人たちは、自分が住んでいた場所に帰ることもできず、お墓参りもできないのです。自分が住んでいる土地が外国に占拠され、その土地から追放されたらどうしますか? 取り戻したいと思うのが普通ではないでしょうか。このように、竹島や北方領土のような領土問題を自分たちの問題として、関心を持っていただけたらと思います。

【参考】
▽竹島に関するホームページ
・竹島問題(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/index.html

・Web 竹島問題研究所 かえれ島と海(島根県)
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/

▽領土問題に関するホームページ
・社団法人日本青年会議所による領土問題啓発アニメーション
(何故領土を守ることが必要なのかをアニメーションを使って、分かりやすく説明しています。)



   Check