ひとひらのことのは

退院してから数日で喉の痛みや排尿痛は消えました。採取部位の痛みも1週間ほどで感じられなくなりました。アルコールも退院してから3日で解禁です。これは退院する時に先生に一番に確認しました(笑) 手術前も含めて10日間ほど禁酒していたのですが、今まで生きてきてこんなに長くアルコールを取らなかったのは初めてでした。禁酒明けのビールは本当においしかったです。

入院していた時の食事のカロリーが低かったのと禁酒のおかげでしょうか、退院する時には体重が1キロくらい減っていました。その後も順調に体重が減って、今では入院する前に比べて体重が約3キロ減りました。いいことをして体重まで減るとは嬉しい限りです。

退院して約3週間後に血液検査がありました。ほぼ術前の状態に戻っているとの先生のお墨付きをいただきました。今ではすっかり術前と変わらない状態で、骨髄を提供したことが嘘のようです。

骨髄提供を終えての感想ですが、骨髄を提供して本当に良かったと思います。自分が骨髄を提供することで、人の命を救うことが出来るかもしれないのです。そういう経験はなかなか出来るものではありません。上にも書いたように手術後に痛みがあったりしますが、しばらくすれば消えます。しかし、骨髄を提供したという事実は消えることがありません。これからも骨髄を提供したということを誇りに思って生きることが出来るでしょう。

さて、熊本の骨髄バンクのドナー登録者ですが、残念ながら全国平均を遙かに下回っています。人口比では下から2番目の少なさです。人口がほとんど変わらない三重県に比べて登録者数は1000人も少なく、人口が熊本より60万人も少ない大分県と登録者数がほとんど変わらないのです。平成17年度の人口10万人あたりの献血量では熊本県が全国トップですから、こうしたことに関心がないわけではないのでしょう。不思議な話です。

骨髄を提供する場合、入院時に支度金として5,000円が支給されるのと、検査や入退院時に交通費が支給される以外には金銭が支払われることはありません。アルバイトやパートの方は休むことが収入減に繋がるので、骨髄の提供を躊躇される方もいらっしゃると思いますが、こういった方をサポートしてくれる保険もあります。一例ですが、プルデンシャル生命の保険に加入していると、骨髄を提供した場合に入院給付金日額の20倍が手術給付金として支給されます。
プルデンシャル生命保険株式会社ホームページ(骨髄ドナー登録支援)

みなさんも一度骨髄バンクのホームページをご覧になってみてください。一人でも多くの方が骨髄バンクに登録されるよう願っております。

今回で骨髄移植顛末は最終回です。最後までお読みいただき有り難うございました。


   Check