ひとひらのことのは

「きょうの発言」最終回

平成22年07月03日

「きょうの発言」第12回を転載いたします。


「神様も後押し」

寒さも和らぎ桜が咲き始めた。四月からの新生活に希望を膨らませている人も多いだろう。当社にも、高校や大学に合格した人がお礼参りに来られるが、「おかげさまで合格しました」という報告を聞くと、私もうれしくなる。

中には残念ながら不合格だった人もいる。これから浪人する人や第一志望ではない学校に進学する人もいるだろう。自分だけが取り残されたという不安を感じたり、引け目を感じることもあるかもしれない。

だが、人生に無駄なことなど何一つないと思う。少しくらい寄り道をしてもいいのだし、その分を取り返すことは決して難しいことではない。その経験をどう生かすかが大事なのだ。 

私は大学卒業後、フランス留学という形で多くの人とは違う道を歩むことになった。将来に不安や焦りがなかったといえばうそになるが、自分で選んだ道だからと勉強に励んだ。

身に付けたフランス語は、実はもうかなり忘れてしまったが、そこで得た経験は血となり肉となっている。外国に暮らしたからこそ、日本の素晴らしさを再認識できたし、そこで学んだことを、神職という立場で多くの人に伝えていきたいと思っている。

逆境の中でこそ、人の真価が問われる。時には迷うこともあるだろうが、自分を信じていればきっと道は開けるし、正しいと思う道を進んでいれば、応援してくれる人は必ずいる。頑張る姿を見て、神様も後押ししてくれるだろう。そのことを心に留めておいていただければと思う。

今回の新聞への執筆で、言葉の持つ重みと、思いを伝える難しさをあらためて実感させられた。短い間ではあったが、読んでいただいた方に、心よりお礼を申し上げたい。

(平成20年3月25日付の熊本日日新聞夕刊より転載)


   Check