ひとひらのことのは

質問 今年祖父が亡くなったのですが、来年の初詣でに行ってはいけないのですか?

回答 お祖父様がいつお亡くなりになられたかによります。ご逝去されてから五十日を過ぎていれば、初詣でに行かれても構いません。

家族や親族が亡くなった時に、身内の人間は喪に服しますが、これについて定めたものが服忌《ぶっき》制度で、「忌」とは故人の祀《まつ》りに専念すること、「服」とは喪に従い、死者への哀悼の気持ちを表す期間のことをいいます。

服忌については地域の慣例もありますが、一般的には五十日祭(仏教では四十九日)までが忌の期間と考えられています。期間中は神社への参拝を遠慮しますが、やむを得ない場合は、お祓いを受けて参拝することも可能です。

また、神棚についても忌明《きあ》けと考えられている五十日祭までは、神棚の前面に半紙を貼り、神棚のお祀りを止めます。

もし年末年始が忌の期間に重なる時は忌明けの後に御神札《おふだ》をお受けください。
 
※神社新報社刊「神道いろは」参照


   Check