神社からのお知らせ

神社からのお知らせ

絵画のご奉納のご報告

平成18年08月03日

今日は朝から絵画奉納奉告祭を執り行ないました。それには下のようないきさつがありました。

話は先月末にさかのぼります。わたしが朝から境内を掃除していると、参拝者の方が私に話し掛けてこられました。何回かお参りに来られている方なので、その方のお顔には記憶がありました。

その方が「こちらのご祭神は?」と尋ねられたので、「菅原道眞公をお祀りしています。」とお答えしました。引き続きうちの神社のことについてお話ししていると、その方が「実はわたしは画家で、近くのデパートで個展を開いております。もしよろしかったら、絵画の御奉納をさせてもらえたらと思います。」とおっしゃったのです。

突然のお申し出だったので即答はしませんでしたが、せっかくなのでその日の午後に時間を作って個展を見に行くことにしました。

その方は長島眞山先生とおっしゃっる大阪在住の日本画の画家さんでした。風景画だけではなく、仏画も描かれています。仏様の表情が柔らかく見るものに安らぎを与えてくれます。色使いもとても優しいです。絵には金箔やプラチナ箔を使っていて、見る方向により絵の表情も変わります。

絵を見ていると、長島先生がいらっしゃいました。改めて絵画のご奉納をしたいとおっしゃったので、謹んでお受けすることにしました。

絵の題名は「陽光に祈る III」といい、古くは太陽や自然を信仰の対象としてきた神道に繋がるものがあります。まさに神様にご奉納するに相応しい絵画と言えるのではないでしょうか。長島先生、まことに有り難うございました。心より御礼申し上げます。


全 146 件中 146 〜 146 件目を表示 27, 28, 29, 30

« 前の5件