神社からのお知らせ

神社からのお知らせ

鈴緒の房を新しくしました

平成22年04月07日


熊本では桜もだいぶ散りました。今年は開花から満開までが長く、十分に花見を楽しむことができたのではないでしょうか。

さて、先日ご本殿の鈴緒の房を交換いたしました。ご本殿に鈴を取り付けてから6年近く房を交換しておらず、大変みすぼらしい状態になっていたので、年度が新しくなったのを機に交換いたしました。やはり新しく房はとても見栄えがよく、今まで取り換えていなかったことを反省いたしました。今後は定期的に取り換えていきたいと思っております。


当社の御由緒掲示板が完成いたしました。慶徳校区の老人会である「慶寿会」様の御奉納によるものです。掲示板は昨年末に完成し、初詣に来られた方にお披露目することができました。大きい文字を使用していますので、大変見やすくなっています。御由緒掲示板の前に立ち止まって、御由緒を読んでらっしゃる人も時折見掛けます。皆様も当社にお参りの際はご覧になってください。


P1000011_3.jpg

道路側から見た掲示板


P1000013.jpg

境内側から見た掲示板


P1000014.jpg

境内側の面には掲示板を御奉納された「慶寿会」様のお名前を記しています。こちらの面は掲示板兼用となっており、祭典予定を掲示しています。




神宮式年遷宮ご奉賛のお願い


三重県の伊勢にご鎮座する伊勢神宮は、「天照大御神《あまてらすおおみかみ》」をおまつりする皇大神宮《こうたいじんぐう》(内宮《ないくう》)と「豊受大御神《とようけのおおみかみ》」をおまつりする豊受大神宮《とようけだいじんぐう》(外宮《げくう》)を中心に、125のお社から成り立っています。伊勢神宮は日本人の「心のふるさと」として、古くから、氏神様と同様に最も親しい大神様として仰がれてきました。

その伊勢神宮にて、平成25年に第62回式年遷宮が行なわれます。式年遷宮とは、20年に一度新しいご社殿を造営して神様にお遷りを願うお祭りで、古来最も重要な祭儀の一つとされてきました。式年遷宮の制度は、今から約1,300年前に天武天皇がお定めになり、持統天皇の御代《みよ》に第1回の式年遷宮が行なわれました。以来長い歴史の間には一時の中断はありましたが、今日まで続けられてきました。

式年遷宮ではご社殿を始め、御装束神宝が古式のままに新しく作り替えられます。このことにより優れた伝統技術が受け継がれてきました。また、私たち日本人の生活や社会を支える文化も同時に育まれてきました。

式年遷宮には多額の費用が掛かり、今回は550億円が必要とされています。そのうちの220億円を国民のご奉賛によることになりました。

つきましては、氏子崇敬者各位におかれましては式年遷宮の意義をご理解いただき、格別なるご芳志をもってご奉賛を賜りたくお願い申し上げる次第でございます。何卒絶大なるご高配ご支援を賜りますようお願い申し上げます。 
 


ご奉賛の方法


「神宮式年遷宮ご奉賛のお願い」の続きを読む

鳥居等移設工事のお知らせ

平成20年04月22日

今月25日より鳥居等の移設工事を行ないます。4年前より境内整備を重点的に行なってきましたが、今回の工事にてひとまず終了となります。5月末までには工事を終了する予定です。基本的に週末に工事を行ないます。25日のみ、午後より工事を行ないますので、その際は鳥居周辺へのご駐車はご遠慮願います。

工事期間中は参拝者の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。


テレビ放送のお知らせ

平成20年03月28日

以下の番組で当社のことが取り上げられます。両方とも熊本ローカルの番組です。お時間のある方はご覧になってください。


TKU 若っ人ランド
放送日(予定) 3月29日(土) 16:30~

KAB 駅前TV サタブラ
放送日(予定) 4月5日(土) 10:25~


全 76 件中 66 〜 70 件目を表示 11, 12, 13, 14, 15, 16

« 前の5件 次の5件 »