神社からのお知らせ

神社からのお知らせ


境内に植えた「命のアサガオ」が咲き始めました。今年は授与所の周りにネットを張って、たくさん種を蒔いたので、これからもっと花を咲かせてくれそうです。この「命のアサガオ」をモチーフに作られたのが「病気平癒御守」です。


「命のアサガオ」
http://yamasaki-tenjin.com/blog/inochi/entry-10.html


病気平癒御守
http://yamasaki-tenjin.com/news/information/entry-539.html/


当社の社報「ひとひらのことのは」第22号を発行いたしましたので、PDFをアップロードいたしました。リンク先よりご自由にダウンロードいただけます。

https://drive.google.com/open?id=14bCFG69CXiM4xQv9taNvN1dF4-nMZO9L


夏越大祓のご案内

平成30年06月27日


夏 越 大 祓 (なごしのおおはらえ)

平成29年6月30日午後5時斎行(開式時刻が1時間早くなりました)
場所:山崎菅原神社拝殿


当社では人形(ひとがた)に自己の災いを移して、身に付いた半年間の罪穢(つみけがれ)を祓い、無病息災をお祈りする夏越大祓を斎行いたします。ご自由にご参列いただけますので、ご参列を希望される方は当社までご連絡ください。

大祓について

日本人は昔から季節の変り目にお祭りをして、心を改め過去を反省し、明日への出発を誓い合ってきました。この中でも夏越の大祓と師走の大祓は最も大切なものであり、心身にまつわる罪や穢を祓う儀式です。

私たちは生活していく中で、知らず知らずのうちに罪を犯したり穢に染まったりしています。祓いとは、そうした罪穢に対して行なう浄化のことです。

罪穢をお祓いすることにより心身を清め、神様の御心に叶う清く正しい生活を続けようというのが大祓の意義であり、日本の伝統的信仰なのです。


大祓と人形

大祓では、人形に自己の災いを移して、身についた半年間の罪穢を祓い、無病息災をお祈りいたします。人形には人をかたどった紙を用います。ひなまつりの人形も元はひとがたとしての意味を持つものでした。


【人形(ひとがた)の取り扱い方】
一、人形で自分の体を撫で清めます。特に病気、けが等で具合の良くない所は丁寧に撫で清めてください。
一、次に自分の息を三度、人形に吹き掛けます。

【車形(くるまがた)の取り扱い方】
一、車形を手に取り、自動車のボンネット部分と四隅を撫で清めます。もしも、へこんだり傷が付いた箇所がある場合は、そこを丁寧に撫で清めます。

※人形(車形)に下記の事項をご記入ください。



お仕事やご遠方にお住まいでご参列が難しい方につきましては、当社より人形(車形)をお送りいたします。人形(車形)にお初穂料を添えてご返送いただきますとお祓いをいたしますので、ご希望の方は当社までご連絡ください。

山崎菅原神社

〒860-0805
熊本市中央区桜町1-18
TEL/FAX (096)325-3474
E-mail:info@yamasaki-tenjin.com


記事のご紹介

平成30年06月26日

国内最大級の旅行サイトであるトラベルジェイピーにて、当社について書かれた記事が掲載されました。よろしかったらご覧ください。

https://www.travel.co.jp/guide/article/33477/


当社では授与所の受付時間が午前9時より午後6時までとなっておりましたが、4月1日より受付時間を午前9時より午後5時30分までに変更いたします。併せてご祈願の受付時間も午前9時より午後4時までに変更いたします。皆様方にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。


全 170 件中 16 〜 20 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7 ...34

« 前の5件 次の5件 »